今が辛いと思ってるあなたへ

ブログ

なんだか毎日がしんどいなぁって思ってる人や、ちょっと嫌なことが続き落ち込んでるという人、色んなことが上手く思い通りにいかず、ずっと暗闇でもがいてる人も少なく無いと思います。

でも、人生は山あり谷ありで、良いときもあれば悪いときもあります。

ピンチもクリアしてもクリアしてもどんどん来ます。

 

成功者にも上手くいってない人にも、試練が無い人なんてこの世の中にいません。

つまり試練とは逃げようが戦おうが、誰にでも必ず都度やってくるんです。

必ず来る避けられないものだと認識できれば、あとはそれをどう思い捌くか処理するかだけだということです。

 

そうなんです逃げきることは不可能なんです。

これを理解するだけで、残念ながら逃げた先にあなたのユートピアは無いということを認識できます。

 

 

仮に今の自分には無理な課題だった場合は、一旦退避して作戦を練り直し再挑戦するか、または別のもう少し自分の身の丈にあった課題に変更し再挑戦するんです。

そう、いずれにせよ挑戦しなくてはなりません。

 

でも、挑戦することに疲れたって人は、一回好きなだけ休めば良いじゃないですか、別に挑戦しつづけなくても、誰かと比べなくても、そんな時は一回休むんです。

会社だって本当に辛かったら辞めればいいじゃないですか、別に働く場所、誰かの役に立つ場所なんか、その会社だけじゃないですよ。

思いつめる必要なんかこれっぽっちもないんです。

 

ただし、何か希望をもって動き出そうとすれば、必ず試練は再度やってきます。

だけど別に大きなことに挑戦しなくてもいいんです。

あなたのできる、小さなことでいいんです。

 

誰かと比べて、でっかいことやる必要なんかなく、あなたのできる小さなことに、本気で取り組むことが大事です。

いい加減に取り組むのではダメです。

小さなことでも本気で取り組んでいれば、あなたが気づいてないだけで、あなたにしかできない何かに気づけるはずです。

 

人生なんて、生きること自体が大変なことだし、辛いこと(困難)だらけですよね?

私だって辛いこと悲しいこと切なかったことが、無かったわけではありません。

むしろ人一倍経験している方だと思います。

 

でも、「はぁ辛いなぁ」「しんどいなぁ」って思うことは残念ながら解決とは逆方向に行ってしまいます。

そもそもそれらの言葉を使ったり思ったりすることが、その事象を呼び寄せる引き金になっています。

 

私の場合は、辛いことや嫌なことがあった場合は、「おっきたなっ!」とまるで、ドラゴンクエストの「モンスターが現れた!」と同じような感覚で、その課題に全力で挑戦します。

だってそのモンスターから逃げたら、その先のストーリーを楽しめないですもんね。

人生も同じです。

あなたの人生のストーリーにも必ずモンスター(試練)が現れます。

 

 

そのあなたの目の前の課題に対する取り組む思考こそが、その後の人生を決めると言っても過言ではありません。

あなたのその課題に対する考え方捉え方、何を信じているか(セルフイメージ)で、自分の心の安定が変わり、課題をクリアするためのパフォーマンスが変わります。

 

誰から何を言われようと関係無いんです。

「あなたはあなただから」

どっかの誰かに何か言われることなんか気にする必要はないんです。

だって何か言ってるその人はあなたの一体なんなんですか?

関係ないですよね?

 

特にSNSなんかで何か言われたりとかを気にしているのであれば、そんなもの遮断して、アプリ等だったらアンインストールすればいいだけじゃないですか?

別にアプリを消すことで誰にも迷惑かけませんよ。

あなたの人生をあなたがどう生きようと、他の人に何かを言われたり、気にする必要なんか1㎜も無いんですよ。

 

だから、何か言われることを恐れたり、ビクビクしたりする必要なんかないし、「自分は何をやってもダメなんだ」とか思うことにより、エネルギーが沸いてこなくなってしまったり、「もうどうでもいいや!」と自暴自棄になってしまったりすることは勿体ないです。

仮にその挑戦に失敗したとしても、何のリスクがありますかね?

別に死ぬわけではないですよね?

死ぬこと以外はリスクではありません!

希望の光を見据える

 

どんなに辛い人生だとしても、明けない夜はありません。

朝日は昇り光は射す、明日は必ずきます。

 

嫌なことや辛いことがあっても、「明日は明日の風が吹く」と言うじゃないですか、今日のことは今日のこと、明日のことは明日のこと。

どんなにあなたに嫌なこと辛いことがあったとしても、あなたが希望の光さえ見据えて信じていれば救いの手は必ずあります。

 

ただし、希望の光を見据えて諦めないことが大切です。

真っ暗な人生だとしても、光を見失ったとしても、もう一度今一度、光を探してみてください。

必ず一筋の光が見えてくるはずです。

一度見つけたら見失わないように大切にし、あなたに出来る小さなことを全力で取り組んでください。

 

あなたの人生にも明けない夜は無いんです。

あなたの人生にも必ず朝日は昇ってきます。

あなただけ朝日が昇らないなんてことはありえませんよね?

そう、だから朝日が昇ることを信じて疑わなければ大丈夫です。

 

なんでこの地球に朝日が昇ることは疑わないのに、「私だけ朝日が昇らないんじゃないか・・・」などと悲観的に考えるのでしょうか?

そんなことを考えるから人生が暗くなってしまうのです。

そうなんです。

思考は現実化します。

 

あなたが思ったことが、行動したことが、あなたの目の前の現実となるのです。

あなたの周りの人間関係も、あなたがいる今の環境も、あなたがそこにいることを望んだから、その環境にいるんですよね?

誰かに無理やり監禁されて、そこで過ごしてるわけじゃないですよね?

 

だったら簡単じゃないですか、思えばいいんですよ。

あなたの人生のストーリーの作者はあなたです。

思考が現実化するなら逆手にとり、自分の人生なんだから、自分の好きなストーリーを好きに楽しく書けばいいじゃないですか!

あなたにはその権利があるんです!

 

辛いと感じた時の対応策

 

人生が辛くなったときや行き詰ったときは、下記のように考えてみてください。

きっと好転のきっかけになるはずです。

 

  • 小さなことに感謝する気持ちを持つ
  • 自分より大変な人が居ると認識する
  • 被害者意識を捨てて前を向く
  • 明けない夜は無いと言葉に出す
  • 泣きたいときは我慢せず泣く
  • 自分は絶対腐らないと声にだす
  • 悪い状況も良い状況も永遠に続くことは無いと知る
  • 奇跡を信じ希望の光を見据える
  • 拘りすぎず受け流す
  • 戦略的逃走はあり
  • 自分の思考で現実が動く
  • 失敗などこの世に無い
  • 過去やものに執着しない
  • 挑戦することで恐怖は克服できる

 

上記を思い活路を見い出し希望を見据えて頑張ってください!

そして好転して前に進み状況が改善することができたら、今度はあなたの周りにいる、過去のあなたの様に困ってる人がいたら、今度はあなたがその人を助けてあげてください。

そこには、あなたにしか伝えられない救いの言葉があるはずです。

 

まとめ

 

上記に書いた通り、悲観的になることなんかありません。

大丈夫です。

あなたのストーリーはあなたが主人公です。

明るい未来を想像し、あなたの楽しいストーリーを思い描き、挑戦するだけではなく、時には休憩して、長閑な綺麗な景色を見るストーリーを書いてもいいじゃないですか。

 

とにかく今のあなたの現実は、暗い希望の無い未来では無いということだけ認識してください。

そして長閑な綺麗な景色を見て、ゆっくりまた、自分のできそうな小さなことから、本気で取り組んでいきましょう!

 

たったこれだけのことを心に思うだけ、そう思うだけで、信じて疑わないだけで、あなたの人生は少しづつ好転していくはずです。

あなたの人生が良くなることを心から応援しています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました